犬に梨、3つの利点

梨

秋の味覚の一つ「梨」は、犬に与えても良いのでしょうか?

答えは「犬に梨はOK」です。

このページでは、動物栄養学や生化学の観点から、犬にとって梨のメリット・与え方などをご案内します。

<目次>

犬に梨、3つのメリット

梨は、他の果物と比べて、「ビタミン」量が非常に少なく、乳酸菌などの腸内細菌をアップさせる「水溶性食物繊維」がほとんど含まれていません。そのため、果物の中で、梨は栄養面での魅力に乏しいと言われることもあります。

そんな梨のどのような点が、犬に良いのでしょうか?

梨に含まれる栄養成分をチェックしながら、犬にとっての利点3ポイントをご紹介します。

①お通じ・利尿を良くする

梨に含まれる「ソルビトール」という成分は、犬の便を柔らかくする性質があります。また、梨に含まれる「不溶性食物繊維」は、便の水分とかさを増やす機能があります。そのため、便秘気味の犬や便の量が少なめのワンちゃんには、梨がお勧めです。

(※食物繊維について、詳しくは「犬と食物繊維の相性」をご参照ください。)

また、利尿作用のある「カリウム」を多く含んでおり、ストルバイト結石など、おしっこの量を増やすことが望ましい犬には、梨が有用です。

②消化を助ける

梨には、タンパク質分解酵素が含まれています。そのため、梨は、犬の食事・ドッグフードの消化をサポートしてくれる食べ物です。

③水分を補給する

犬は、水を飲むことが苦手な子も多いです。梨には90%近く水分が含まれており、犬の水分補給源としても力になってくれます。

梨の注意点

一方で、犬にとって、梨には要注意なポイントもあります。犬に梨を与える際に、注意すべき要素をお伝えします。

1)下痢のリスク

梨の成分「ソルビトール」「不溶性食物繊維」の影響により、犬が下痢をすることもあります。梨を過剰に食べると、犬の下痢リスクが高まりますので、注意しましょう。

(※犬の下痢については、「犬の下痢嘔吐、治療と食事」で詳しくご紹介しています。)

2)カリウム過剰

梨は、ミネラル成分「カリウム」が豊富です。利尿作用を発揮するなど、プラス要素のあるカリウムですが、腎臓病の犬では多く与えてはいけない成分であるため、要注意です。

※アスパラギン酸について

梨の特徴的な成分の一つに「アスパラギン酸」というアミノ酸があります。アスパラギン酸は、犬の必須アミノ酸ではなく、与えなくても問題ない成分です。(犬は、アスパラギン酸を体内で作ることができます。)

一方で、アスパラギン酸は、タンパク質合成に重要なアミノ酸であり、犬の体内タンパク質づくりに役立ちます。アスパラギン酸は、犬が過剰に摂取しても害がないため、梨のメリットとも言える成分です。

※血糖値アップのリスクについて

梨は、その甘さから、「犬の血糖値がアップしてしまうのでは?!」というイメージもあることでしょう。

しかし、犬の血糖値が高くなるリスクについて、梨は心配ないと言えます。理由として、血糖値アップの指標「GI値」に関し、梨は「低GI食品」に位置付けられることが挙げられます。GI値が低いほど、血糖値が上がりにくいため、糖尿病の犬であっても、少量の梨であれば与えても大丈夫と言えるでしょう。

洋梨の犬への適正

洋梨

ここまでは、いわゆる「和梨」についてご案内してきました。それでは、「洋梨(ラフランス)」について、犬ではどうなのでしょうか?

成分を見ると、和梨と洋梨(ラフランス)に大きな違いはありません。洋梨には、水溶性食物繊維が含まれている、という程度にすぎません。(水溶性食物繊維が含まれている分、洋梨は犬の乳酸菌・ビフィズス菌を増やしてくれる、という要素が少し加味されます。)

そのため、犬にとって洋梨は、和梨と同じようなメリット・注意点があると考えて良いでしょう。

梨の与え方

それでは、犬への梨の与え方をご案内します。特に難しいことはありませんが、梨のメリットを引きだし、注意ポイントをブロックできる、次の3ステップがお勧めです。

ステップ1)梨の選択

まずは、梨の選択です。和梨の品種として「幸水」「豊水」「二十世紀」などがありますが、成分に大きな差はないため、どれを選んでも問題ありません。もちろん、洋梨でもOKです。

ただし、未熟な梨は犬に好ましくありません。市販の梨で未熟なものはほとんど出回っていませんが、犬にNGな成分が残っている可能性もあるためです。

そのため、和梨・洋梨に関わらず、熟したものを犬に与えるようにしましょう。

ステップ2)梨のカット・調理

次に、犬が食べやすいサイズに梨をカットしてあげましょう。梨の繊維質は、犬にとって硬質な「不溶性食物繊維」であるため、大きすぎると下痢・嘔吐の原因となります。

犬の中には丸飲みしてしまう子もいるため、人が食べるよりも小さいサイズに梨をカットしてあげましょう。

なお、調理方法は、シンプルに生梨のまま与えることがお勧めです。理由として、加熱してしまうと、梨のメリットの一つ「犬の消化を助ける酵素」が失活してしまうためです。

ステップ3)少量のみ

そして、犬に与える梨は、あくまで少量にとどめるようにしましょう。梨の与えすぎは、犬がお腹を壊す原因になりかねません。おやつ替わりに、一口与える程度にとどめましょう。

まとめ

  • 犬にとって、梨には「お通じ・利尿を良くする」「消化を助ける」「水分補給」という3つのメリットがある。
  • 一方で、梨には「下痢リスク」「カリウム過剰」といった注意点も存在する。
  • 洋梨も和梨と大きな成分の違いはなく、犬に与えても問題ない。
  • 梨の犬への与え方は、「梨の選択」「梨のカット」「少量のみ」という3ステップがお勧め。

関連記事

  1. ブロッコリー

    犬にブロッコリー、4つの要注意ポイント

  2. トマト

    犬にトマト、4つの要注意点

  3. 豆乳

    犬に豆乳がお勧めできない理由

  4. さくらんぼ

    犬にさくらんぼ、NGの理由

  5. 日本酒

    犬に日本酒がNGな理由

  6. 大豆

    犬に大豆の是非

  7. ピーナッツ

    犬にピーナッツをお勧めできない理由

  8. グレープフルーツ

    犬とグレープフルーツの栄養学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)