犬にビオフェルミン(整腸剤)の効果

犬と薬

下痢などの消化器トラブルが続く犬には、動物病院で「ビオフェルミン」などの整腸剤が処方されることがあります。また、飼い主さんの判断で、ビオフェルミンを犬に与えることもあるでしょう。

実際のところ、犬にビオフェルミン(整腸剤)は効果的なのでしょうか?

このページでは、科学の知見をもとに、犬にビオフェルミンを与える効果などについて、ご案内します。

<目次>

犬にビオフェルミンが良い理由

サプリメント

そもそも、ビオフェルミンとは何でしょうか?

ビオフェルミンは、乳酸菌などの腸内善玉菌を原料とした整腸剤です。医薬品や指定医薬部外品として認可されており、確かな整腸剤としての効果が立証されています。

そして、人だけではなく犬にもビオフェルミンはお勧めできます。理由として、犬と人の腸内細菌には類似点があり、人で整腸剤として優れているビオフェルミンは、犬にも良いことが考えられるためです。

(※乳酸菌について、詳しくは「犬への乳酸菌の効果を高めるコツ」をご覧ください。)

ビオフェルミンの種類・比較

ビオフェルミンと言っても、幾つかの種類があります。「動物用ビオフェルミン」を含め、犬に使えそうなシリーズ商品をご紹介します。

1)新・ビオフェルミンS

「人にはヒトの乳酸菌」などのCMで有名な、ビオフェルミンシリーズの代表的な商品です。

性質の異なる3種の乳酸菌・ビフィズス菌を配合し、小腸から大腸まで、善玉菌を定着させることを意図しています。犬の腸内にも定着してくれるかどうかは実証されていないようですが、効果は期待できると思います。

2)ビオフェルミンVC

乳酸菌を主とするラクトミンと呼ばれる原料やビフィズス菌に、ビタミンC・B2・B6を配合した商品です。気味でお腹が張る人に対して、有用なビオフェルミンとのことです。犬の便秘などに良いかもしれませんね。

3)動物用ビオフェルミン

2種類の乳酸菌が配合されています。ただ、新ビオフェルミンSに比べて商品化されたのが古く、乳酸菌の種類が2種類のみということもあり、「動物用ビオフェルミン」より「新ビオフェルミンS」の方が犬にも良い、という噂があります。この点、どちらのビオフェルミンが犬に好ましいのか、検証データが見当たらないため、何とも言えないところです。

4)ビオフェルミンR

もう一つ、抗生剤(抗生物質)との併用で有効な「ビオフェルミンR」にもふれておきます。

慢性下痢をはじめとする犬の消化器トラブルでは、抗生剤を治療に活用することも多いです。ところが、抗生剤は悪玉菌のみならず、犬の腸内善玉菌をも抑え込んでしまいます。これでは、中長期的な犬の健康に好ましくない面もありますが、ビオフェルミンRは、抗生剤との併用でもOKな商品です。つまり、抗生剤への耐性がある乳酸菌を活用しており、治療によっては犬にも効果を発揮すると考えられます。

犬の整腸剤、ビオフェルミン以外の選択肢

ビオフェルミン以外にも、犬に使えそうな整腸剤はあります。代表的な整腸剤をご案内します。

①ミヤリサン

ビオフェルミンとは異なる善玉菌「酪酸菌」を含む整腸剤です。ミヤリサンに含まれる酪酸菌は、犬の腸内でも有用性が知られるようになり、大きな注目を集めています。(参考文献:「イヌ・ネコの腸内細菌と健康」ペット栄養学会誌, 2004

ミヤリサン内の酪酸菌は、犬の大腸で食物繊維や難消化性炭水化物を発酵し、「短鎖脂肪酸」という有用物質を作ることなどで健康に寄与します。ミヤリサンは、ビオフェルミンとの作用機序が異なっており、犬での併用による相乗効果なども期待できます。

②ビオイムバスター

生きて犬の腸まで届く「有胞子性乳酸菌」と総合消化酵素「パンクレアチン」を含む、動物用医薬品の整腸剤です。ビオフェルミンとは異なる善玉菌を使っており、生きて犬の腸まで届く確率が高い整腸剤です。一方で、有胞子性乳酸菌は、犬の腸内に定着するタイプではないため、継続的に与えることがお勧めです。犬の食欲不振や消化不良、下痢などに使用するとのことです。

③ディアバスター

腸内善玉菌は含まず、5種の有効成分により、犬の胃腸を整えるタイプの動物用医薬品です。犬の下痢症状を改善する整腸剤とされています。

※犬の下痢・消化器トラブル、整腸剤以外の対策

このページでは、ビオフェルミンをはじめとする犬でも使える「整腸剤」について、ご案内してきました。一方で、犬の下痢をはじめとする消化器トラブル対策には、整腸剤以外にも有用な対策があります。善玉菌サプリメントも良いですし、犬の食事・ドッグフードによる対策も非常に重要です。

整腸剤以外の、食事などによる犬の消化器トラブル対策については、次のページで詳しくご案内していますので、合わせてご参照ください。→「犬の下痢嘔吐、治療と食事

まとめ

  • ビオフェルミンをはじめとする整腸剤は、犬でも有用。その理由として、犬と人の腸内細菌には共通点があり、人で良い整腸剤は犬にも効果が期待できるため。
  • ビオフェルミンには、配合される乳酸菌や成分により、犬にも利用できそうな複数の商品がある。
  • ビオフェルミン以外にも、犬にお勧めでき、違った特徴をもつ整腸剤がある。また、整腸剤の他、善玉菌サプリメントや食事も、犬の下痢などの対策に重要。

関連記事

  1. 子犬

    子犬の下痢対策

  2. ヨーグルト

    犬への乳酸菌の効果を高めるコツ

  3. 犬の嘔吐

    犬の嘔吐と食事対策

  4. 犬の消化器トラブル

    犬の便秘、食事対策

  5. チェックリスト

    犬の血便 チェックと対策

  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    犬の嘔吐が黄色、原因と対策

  7. pixta_33825276_M (1)

    犬の嘔吐、白い泡の原因・2つの対策

  8. 老齢の犬

    老犬の下痢対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)