犬のチョコレート中毒、実際の症状と治療方法

チョコレート

チョコレートは、犬に絶対に与えてはいけない食べ物です。

かなり多量のチョコレートを与えなければ大丈夫、という論調も見られますが、少量で死に至った犬の症例も報告されています。

このページでは、犬のチョコレート中毒について、与えてはいけない理由とともに、実際の症状や治療方法についてご紹介します。

<目次>

チョコレートを犬に与えてはいけない理由

ココア

愛犬に人の食べ物を与えることはよくありますが、犬と人の違いを理解したうえで、特に与えてはいけないものを知っておくことが大切です。その中で、チョコレートは、犬に絶対に与えてはいけません。

チョコレートが犬にNGの理由として、毒性成分「テオブロミン」が含まれていることが挙げられます。テオブロミンは、犬の中枢神経を異常に興奮させる成分であり、重篤な症状、場合によっては死に至ることもあります。

ココアパウダーも危険!

なお、ココアパウダーにもテオブロミンが1~3%含まれており、犬が口にすると中毒になる恐れがあります。

チョコレート中毒の症状

犬がチョコレートを食べてしまうと、摂食4~15時間後に、下記のような中毒症状が見られます。

  • 嘔吐や下痢
  • 動機、神経過敏、興奮、ふるえ
  • 頻脈、心拍障害
  • 麻痺、昏睡、突然死
  • 腎臓の損傷

チョコレートの中毒症状があらわれるのは、犬の体重1㎏あたりテオブロミン200㎎以上、と言われることが一般的です。しかし、その半分以下のテオブロミン量で死に至った、犬のチョコレート中毒の症例も報告されています。この症例では、テオブロミン量が少ないミルクチョコレートを約40㎎(板チョコ半分ほど)食べただけで、犬が死亡したということです。(ビターなチョコレートは、ミルクチョコレートよりも更に毒性が強くなります。)

おそらく、チョコレートの耐性には体重だけではない個体差、食べたときの犬の健康状態なども関係することと思われます。いずれにしても、少量のチョコレートを食べただけだから、などと看過せず、中毒症状が出てくるまでに対処することが望まれます。

チョコレート中毒の治療方法

治療

チョコレートに含まれる中毒成分「テオブロミン」は、犬での排泄が行われにくい、という特徴があります。このことは、人で大丈夫でも犬でチョコレート中毒が起こりやすい理由の一つです。

また、少量のチョコレートであっても、繰り返し食べていると、犬の中毒リスクが高くなります。このことも注意すべきポイントです。

そして、残念なことに、犬のチョコレート中毒における有効な解毒薬は存在しません。そのため、下記のような対処療法がチョコレート中毒の治療方法として採用されます。

  • 胃腸の洗浄、嘔吐を促す薬
  • 活性炭の投与
  • 精神安定剤、鎮静薬、リドカイン(局所麻酔薬)

以上のように、一度チョコレート中毒症状が出てしまうと、治療に困難が伴います。そのため、「犬にはチョコレートを与えない」「もし犬がチョコレートを食べてしまったら、少量であっても早期に動物病院の診療を受ける」という心構えが大切です。

まとめ

  • チョコレートには、犬の中毒症状を引き起こす成分「テオブロミン」が含まれており、絶対に与えてはいけない。
  • チョコレートの中毒症状は、犬が食べてから4~15時間後に発症する。少量のチョコレートでも死亡した実例があり、注意が必要。
  • チョコレート中毒の治療方法は、犬への解毒剤がなく、対処療法となる。そのため、早期の診療が望まれる。

関連記事

  1. トウモロコシ

    犬にトウモロコシ 誤解と風評

  2. ■撮影用に作成した牛乳パックを使用しています。本物ではありません。イメージです。

    犬に牛乳を与えても良い理由

  3. pixta_12386295_M

    犬とリンゴの栄養学

  4. 納豆

    犬に納豆が良い理由

  5. さくらんぼ

    犬にさくらんぼ、NGの理由

  6. Fresh juicy strawberries in glass bowl. Rustic background with homespun napkin. Top view. Place for text.

    犬とイチゴの栄養学

  7. 豆乳

    犬に豆乳がお勧めできない理由

  8. にんじん

    犬にニンジン、要注意な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)