犬の嘔吐が黄色、原因と対策

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黄色の嘔吐、もしくは黄色の泡を吐く犬は、意外と多いようです。

こういった黄色の嘔吐・泡の正体は何?そして、犬の健康には問題がないのでしょうか??

このページでは、犬の黄色の嘔吐について、原因と対策をご案内します。

<目次>

犬が黄色の嘔吐、その正体は?

犬の嘔吐と言っても、様々なタイプがあります。吐き出したものの内容や色などによって、嘔吐の原因や対策が異なるのです。

その中で、犬の「黄色の嘔吐・黄色の泡」は、「胆汁が出ている」というケースが多いです。黄色の液体のみを吐き出すケースもしばしば見られます。

黄色の嘔吐が続く原因

犬の空腹時間が長かったときに、黄色の嘔吐・黄色の泡・液体を吐き出すことが見られます。この際、十二指腸という器官で作られた胆汁が、消化物がないため胃に逆流し、それが刺激となって「黄色の嘔吐」という形であらわれます。この症状は、犬の「胆汁嘔吐症候群」などと呼ばれることもあります。

そして、「黄色の嘔吐」が癖になっているかのように、ほぼ毎日続く犬もよくいます。そのような犬の場合、多くは空腹時間が長い食生活が原因となっているため、食事回数や与える時間を調整してあげることが必要です。

黄色の嘔吐の対策

先にお伝えしたように、犬の「黄色の嘔吐」対策は、空腹時間を短くしてあげることです。具体的には、「食事回数を増やす」「嘔吐が起こりやすい時間帯があれば、その間に間食をとる」などの対策が有効です。

食物繊維の増量による対策

もう一つ、「犬の胃腸に優しい食物繊維の量を増やす」ことも「黄色の嘔吐」対策に良い可能性があります。食物繊維は、食事の消化吸収をゆっくりにする効果があり、空腹時間を少なくしてくれることが期待できます。胆汁の過剰分泌も和らぐため、「黄色の嘔吐」対策にプラスとなることが多いです。

ただし、犬に合わない食物繊維を増やすと、胃腸の負担となりえますので、また別種の嘔吐・下痢を招くこともあります。そのため、発酵性食物繊維や水溶性食物繊維など、比較的柔らかいタイプの繊維源を犬に与えるようにしましょう。

(※犬の食物繊維適性について、詳しくは「犬と食物繊維の相性」をご参照ください。)

黄色の嘔吐、病気のサインのことも

黄色の嘔吐が、犬の消化器疾患のサインとなっていることもあります。例えば、「胃拡張」「胃捻転」と呼ばれる病気の症状として、黄色の嘔吐が現れるケースもあります。犬の胃拡張や胃捻転では、発症前に次のような危険因子がありますので、黄色の嘔吐ともにチェックしてあげましょう。

  • 1回あたりの食事量がとても多い
  • 早食い
  • 食事は1日1回のみ
  • 食後に過剰な運動
  • ドッグフードの脂肪が悪質

もしも、「胃拡張」「胃捻転」により、黄色の嘔吐が見られたのであれば、次の2つの食事対策が望まれます。

  1. ドッグフードを大粒タイプに変える(小粒タイプは、どうしても犬の食事スピードが早くなり、1回あたりの食事量が増えがちであるため)
  2. 脂肪の質が良いドッグフード・食事を選ぶ

(※黄色以外のタイプの嘔吐については、「犬の嘔吐と食事対策」で詳しくご案内しています。)

まとめ

  • 犬の黄色の嘔吐・泡(液体)の正体は、逆流した胆汁。
  • 犬が黄色の嘔吐・泡を吐き出す原因は、空腹時間が長いことによる。
  • 黄色の嘔吐対策は、犬の空腹時間を短くしてあげると良い。食事回数を増やしたり、嘔吐しやすい時間帯の前に間食を挟むなどが挙げられる。
  • 黄色の嘔吐には、「胃拡張」「胃捻転」などの犬の病気が潜んでいることもある。これらの病気の場合、「ドッグフードを大粒にする」「良質な脂肪の食事に変える」などの対策が有効。

関連記事

  1. pixta_33825276_M (1)

    犬の嘔吐、白い泡の原因・2つの対策

  2. 犬の下痢

    犬の下痢 4つのタイプ

  3. ヨーグルト

    犬への乳酸菌の効果を高めるコツ

  4. 老齢の犬

    老犬の下痢対策

  5. 犬の消化器トラブル

    犬の便秘、食事対策

  6. チェックリスト

    犬の血便 チェックと対策

  7. 犬と薬

    犬にビオフェルミン(整腸剤)の効果

  8. pixta_23543477_M

    犬の下痢、絶食のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)