犬に豆乳がお勧めできない理由

豆乳

動物栄養学の観点から、「豆乳」は犬にお勧めできません。

豆乳には、犬にNGと言える成分が含まれており、リスクを伴う食品であるためです。

このページでは、犬に豆乳をお勧めできない理由などについて、ご案内します。

<目次>

犬に豆乳をお勧めできない3つの理由

豆乳は、人にとってヘルシーな食品というイメージが定着しています。実際のところ、人にとっても、豆乳は是非がある食品と考えられていますが、犬には大丈夫なのでしょうか?

動物栄養学の観点でみると、豆乳には犬にお勧めできない3つの要因となる「NG成分」が含まれています。下記、豆乳に含まれる「3つのNG成分」をご案内します。

①下痢などの原因となる「レクチン」

「レクチン」は、豆乳に限らず、各大豆食品に含まれている成分です。

レクチンが犬に良くない理由は、腸にくっついてしまう成分であるためです。腸の表面にレクチンがくっつくと、下痢や炎症の原因となってしまいます。

②腸の炎症を起こす「サポニン」

豆乳に含まれる「サポニン」も犬にはNGの成分です。

サポニンは、天然の界面活性剤として知られています。脂質を壊してしまう性質があり、サポニンは犬の腸の表面の脂質にもダメージを与えます。それにより、犬の腸は炎症をおこしてしまい、トラブルの要因となります。

③ミネラル吸収阻害の成分「フィチン酸」

豆乳成分「フィチン酸」も犬には良くありません

フィチン酸は、ミネラルなどを吸着し、吸収阻害を起こす成分です。そのため、犬はミネラルバランスを崩し、栄養不良に陥るリスクがあります。

(※豆乳の原料「大豆」については、次のページをご覧ください。→「犬に大豆の是非

豆乳と牛乳を比べてみると・・・

豆乳と牛乳

「牛乳の代わりに、ヘルシーなイメージのある豆乳を犬に与えてみたい。」という飼い主さんもいらっしゃることと思います。

豆乳は牛乳の代わりになるのか、そして、犬にとって豆乳と牛乳のどちらが優れているのか、栄養学上からチェックしてみます。

カロリー・脂肪量の比較

何となく牛乳の方が「高カロリー」「高脂肪」のイメージがあるかもしれませんが、意外と豆乳との差はありません。

普通牛乳と調整豆乳がほぼ同じカロリー値、低脂肪乳と豆乳(無調整)がほぼ同値(脂肪については低脂肪乳の方が少ない)、という感じです。

つまり、カロリー・脂肪の観点で、犬にとって牛乳と豆乳の差はないと考えられます。

ミネラル・ビタミンの比較

ミネラル・ビタミン類については、犬にとってそれぞれ一長一短です。

牛乳は、カルシウム・ビタミンAなどの供給源として、豆乳を大きく引き離して優れてます。一方で、豆乳は、鉄分やビタミンE・一部のビタミンB群などで牛乳よりも優秀です。

そのため、ミネラル・ビタミンについても、豆乳と牛乳は引き分けといったところです。

犬へのリスクの比較

栄養面では優劣がつけがたくても、犬へのリスクを考慮すると、私は「牛乳」をよりお勧めします。豆乳には、先にお伝えしたリスク要因3成分が含まれているためです。

実際に、豆乳ではテストを行ったわけではありませんが、原料である大豆を犬が多量に食べ続けると、健康上良くないという研究成果に立ち会いました。そのような経験から、個人的には、中長期的なリスクも考慮し、豆乳は犬に与えるべきではない食べ物と考えています。

(※牛乳について、より詳しくは「犬に牛乳を与えても良い理由」をご覧ください。)

もし豆乳を与えるなら

「豆乳を犬に与えるべきではない。」とお伝えしてきましたが、それでも、もし豆乳を与えるとするならば、「少量にとどめる」ことがポイントとなります。

私自身が大豆で行った研究では、多量の大豆は犬に悪影響を及ぼしますが、少量であれば犬にプラスとなる結果となりました。そのため、豆乳では裏取りできていないものの、大豆と同じように少量ならば、犬に良い可能性もあります。

繰り返しになりますが、「犬に豆乳を与えるなら、少量のみ」で実践いただければと思います。

まとめ

  • 豆乳には犬へのリスク因子「レクチン」「サポニン」「フィチン酸」が含まれているため、要注意。
  • 豆乳と牛乳を比べると、栄養面では優劣つけがたいものの、犬へのリスク要因から「牛乳」がお勧め。
  • もし豆乳を犬に与えるなら、少量のみを与える。少量の豆乳であれば、犬にとってプラスとなる可能性がある。

関連記事

  1. パイナップル

    犬とパイナップルの栄養学

  2. みかん

    犬にみかん、与えすぎNGの理由

  3. 梨

    犬に梨、3つの利点

  4. グレープフルーツ

    犬とグレープフルーツの栄養学

  5. ブルーベリー

    犬にブルベリーが良い理由

  6. スイカ

    犬にスイカは控えめに?!(動物栄養学の視点から)

  7. ピーナッツ

    犬にピーナッツをお勧めできない理由

  8. pixta_27264140_M

    犬にメロン、知られていない注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)