犬に豆腐の是非

豆腐

愛犬に手作り食をあげている飼い主さんの中には、「豆腐」を与えている、与えることを検討している、という方も多いことと思います。

豆腐は犬に与えても大丈夫なのでしょうか?

動物栄養学の視点から、豆腐を犬に与えることの是非について、チェックしてみようと思います。

<目次>

犬にとって豆腐の利点

豆腐は、ヘルシーな食品というイメージが定着しています。実際に、私たち日本人の食卓では、欠かせない食べ物として親しまれています。

では、犬にはどうなのか、まずは「豆腐の利点」から見ていきましょう。

①タンパク質源

豆腐は、犬にとっても良いタンパク質源となりえます。アミノ酸バランス等を考えると、タンパク質源を豆腐のみに頼るわけにはいきませんが、トッピングとして少量活用する分には、良いタンパク源です。

②ビタミンなどの栄養

豆腐には、ビタミンE・ビタミンB1・食物繊維・各種ミネラルなどが含まれています。ビタミンEなどは、犬にも与えたい栄養素であり、豆腐からとれることはメリットです。

③機能性成分

豆腐には、コレステロール低下作用などで知られる「レシチン」や、腸内善玉菌を増やしてくれる「オリゴ糖」などが含まれています。犬にもプラスとなる成分が含まれています。

豆腐の注意点

次に、犬にとっての「豆腐の注意点」もご案内します。

①レクチン

豆腐には、「レクチン」と呼ばれる成分が含まれています。レクチンは、犬の腸に貼り付いてしまう性質があり、下痢や消化不良の原因となるリスクがあります。

なお、レクチンは、豆腐の原料「大豆」に含まれる成分です。豆腐の製造プロセスの加熱時に、ある程度レクチンは壊れますが、一部は残ってしまい、犬に良くない影響を及ぼします。

②サポニン

豆腐成分「サポニン」も、犬の腸にネガティブな影響を及ぼします。

サポニンは、天然の界面活性剤です。界面活性剤は、洗剤などで使用されるものであり、脂質を分解することが特徴です。一方で、サポニンは、犬の腸表面の脂質にも働いてしまい、腸の炎症を引き起こす恐れがあります。

③フィチン酸

豆腐に含まれる「フィチン酸」と呼ばれる成分も、多量に取りれると犬に良くありません。フィチン酸は、抗酸化物質としても知られており、少量であれば機能性成分として働きます。一方で、量が多くなるとミネラルの吸収阻害を引き起こし、犬がミネラル不良に陥る可能性があります。

豆腐の注意点を考慮すると・・・

以上、3つの注意成分を考慮すると、犬に豆腐を与えるのであれば、少量のみにとどめておいた方が良いでしょう。

豆腐に含まれる「レクチン」「サポニン」「フィチン酸」は、大豆に比べるとかなり少量です。そのため少なめの豆腐であれば、犬にとってメリットも得られるでしょう。

(※豆腐の原料「大豆」については、次のページで詳しくご案内しています。→「犬に大豆の是非」)

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い・犬への適正

さて、一言で「豆腐」と言っても、様々なタイプがあります。はっきりとした種類分けとして、「木綿豆腐」と「絹ごし豆腐」があります。そもそも、「木綿」と「絹ごし」では、どのような違いがあるのか、そして犬により良いのはどちらなのか、ご案内します。

製造プロセスの違い

「木綿豆腐」と「絹ごし豆腐」は、次のように製造プロセスが異なります。

  • 木綿豆腐:豆乳に凝固剤を加え、固めたものを崩す→圧力をかけて水気をしぼり、再度固める
  • 絹ごし豆腐:木綿豆腐よりも濃厚な豆乳に凝固剤を加える→そのまま固めて仕上げる

栄養成分の違い

「木綿豆腐」と「絹ごし豆腐」は、含まれる栄養成分にも違いがあります。

  • 木綿豆腐:タンパク質・カルシウム・鉄分などが「絹ごし」よりも20~30%多い(水分を絞って濃縮するため)
  • 絹ごし豆腐:ビタミンB群・カリウムなどがより多い(木綿では、水分を絞る際にビタミンB・カリウムも抜けてしまうから)

なお、豆腐の犬にNG成分である「レクチン」「サポニン」「フィチン酸」は、木綿豆腐の方が多く含まれています。

犬によりお勧めの豆腐はどっち?

木綿・絹ごし、それぞれにメリット&デメリットがあり、犬にベターの豆腐はどちらなのか、明確には言えません。

しかし、豆腐のリスク3成分のことを考えると、それらの含量がより少ない「絹ごし豆腐」の方が、個人的に犬にはお勧めできると考えています。

豆腐の与え方

それでは、犬への豆腐の与え方をご案内します。

豆腐の種類としては、「絹ごし」をお勧めしましたが、大きな違いがるわけではないので、「木綿」でもOKです。

犬への与え方のポイントは、「少量にとどめる」、これだけだと思います。ワンちゃんの食事に合わせて、少量の豆腐をトッピングしてあげてください。

まとめ

  • 豆腐には、「タンパク質源」「ビタミンなど栄養」「機能性成分」といった、犬にとっての利点がある。
  • 一方で、豆腐には「レクチン」「サポニン」「フィチン酸」という犬にNG成分も含まれている。
  • 豆腐の種類としては、木綿豆腐より絹ごし豆腐の方が、より犬にはお勧め。
  • 犬への豆腐の与え方は、「少量にとどめる」ことがポイント。

関連記事

  1. トウモロコシ

    犬にトウモロコシ 誤解と風評

  2. さくらんぼ

    犬にさくらんぼ、NGの理由

  3. イカ

    犬にイカの栄養学

  4. Fresh juicy strawberries in glass bowl. Rustic background with homespun napkin. Top view. Place for text.

    犬とイチゴの栄養学

  5. pexels-photo-235294_small

    犬と果物の栄養学

  6. 大豆

    犬に大豆の是非

  7. パイナップル

    犬とパイナップルの栄養学

  8. みかん

    犬にみかん、与えすぎNGの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)