犬とモモの栄養学

桃

家族の一員である愛犬たちは、飼い主さんの食べているものを欲しがりがちです。特に、飼い主さんが美味しそうに食べているものには、犬自身も食べたくなるようです。

秋の味覚「モモ」も、犬が欲しがる食べ物の一つです。でも、人間には美味しくて良い食品でも、犬に大丈夫とは限りません。

犬の栄養学の視点でいうと、「モモ」は与えてもOKな果物です。犬にモモを与えても大丈夫な理由、どういうところがモモの利点なのか、与え方のポイント、などをご紹介します。

<目次>

犬にモモを与えても良い理由

犬は肉食性が強い動物であるため、植物質の野菜・果物を与える際には、チェックが必要です。

それでも、モモについては、犬にとっての問題はあまり見当たりません。犬が苦手とする成分を含まず、水分補給やプラスとなる栄養素もあるためです。

モモの利点

具体的に、「モモ」の犬にとっての利点をみてみましょう。

1)水分補給

モモに限ったことではありませんが、果物の80~90%は水分です。犬の中には水を飲むことを苦手にする子もいることから、モモなどの果物から水分を補給できることは助かります。

2)ビタミン群

モモには、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1などが含まれています。ビタミンCとビタミンEは、犬にとって相乗効果を発揮する成分であり、市販ドッグフードから取り入れにくい栄養素でもあるため、モモから摂取できることはメリットです。

※ビタミンC・ビタミンEについては、次のページもご参照ください。ビタミンCについて→「犬にビタミンCは必要⁈」、ビタミンEについて→「犬にとってのビタミンE

3)食物繊維

モモに含まれる食物繊維は、「ペクチン」と呼ばれる成分が主体です。ペクチンは、犬の腸にも優しい食物繊維であり、整腸作用も期待できます。

(※ペクチンをはじめとする食物繊維と犬の食事について、「犬と食物繊維の相性」にて詳しくお伝えしています。)

モモと犬の糖尿病

桃

「モモはとても甘いけれど、犬が糖尿病になったりしませんか?」という疑問を持つ飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

でも、大きな心配はいりません。

モモが犬の高血糖につながりにくい理由

モモは、確かに甘みがあり、糖質もそれなりに含まれています。

でも、モモの糖質は「果糖」という成分が多く、ブドウ糖・ショ糖(砂糖の主成分)などに比べて、血糖値があまりアップしません。さらに、モモの食物繊維が糖質の吸収スピードを穏やかにしてくれるため、より高血糖につながりにくくなります。

実際のところ、モモは食後血糖値の指標である「GI値」が高くありません。(GI値55以下で血糖値が上がりにくい食品、という基準が一般的なところ、モモはGI値41となっています。)

そのため、モモは犬の血糖値をさほど上げるわけではない素材、ということができます。

犬にとって、モモの注意点

犬にモモを与える際に注意する点は、2つあります。

一つは、「与えすぎない」ということです。モモの食物繊維は犬に合っている、とお伝えしましたが、多量すぎるとお腹を壊す一因となります。あくまで、一口程度を与えることにとどめましょう。

二つめは、「種を与えない」ことが挙げられます。モモの種には、毒素「青酸カリ」が含まれています。モモ1個分の種あたり、平均88㎎の青酸カリが含まれているそうです。青酸カリは、人でも150~300㎎が致死量とされており、小型犬が種を一粒食べるだけでも、悪影響が考えられます。

モモの与え方

それでは、モモの犬への与え方をステップごとに見ていきましょう。

ステップ1)モモを切り分け、種を取り除く

犬が食べやすいサイズにモモを切り分け、種を除いて与えましょう。

ステップ2)少量のみにとどめる

お腹を壊したりしないよう、適量のモモを与えるようにしましょう。

(※モモを含めた果物全般のことについては、「犬と果物の栄養学」にまとめています。)

まとめ

  • モモは犬に与えてもOKな食品。
  • モモを食べることは、犬にとって「水分補給」「ビタミン群の補給」「食物繊維」などのメリットがある。
  • モモは甘くて糖質も多いが、高血糖リスクが低い食品。
  • 犬にモモを与える際の注意点として、「多量に与えすぎない」「種を与えない」の2点がある。特に、モモの種には「青酸カリ」が含まれており、絶対に犬に与えてはいけない。
  • 犬にモモを与える際、切り分けて種を除く→少量にとどめる、というステップがポイント。

関連記事

  1. 豆乳

    犬に豆乳がお勧めできない理由

  2. ブロッコリー

    犬にブロッコリー、4つの要注意ポイント

  3. Fresh juicy strawberries in glass bowl. Rustic background with homespun napkin. Top view. Place for text.

    犬とイチゴの栄養学

  4. トウモロコシ

    犬にトウモロコシ 誤解と風評

  5. pexels-photo-235294_small

    犬と果物の栄養学

  6. 大根

    犬とダイコンの栄養学

  7. チョコレート

    犬のチョコレート中毒、実際の症状と治療方法

  8. さくらんぼ

    犬にさくらんぼ、NGの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)