犬にイカの栄養学

イカ

「犬にイカを与えてはいけない。」「イカは犬にとって消化が悪い食べ物。」など、イカは犬にお勧めできないようなお話が目立ちます。

本当でしょうか?

このページでは、動物栄養学の視点から、「犬にイカを与えても良いのかどうか」「イカを与える際の注意点・利点」「イカの正しい与え方」などをご案内します。

<目次>

犬にイカが問題ない2つの理由

犬にイカを与えても大丈夫なのでしょうか?

結論からお伝えすると、加熱して与えれば問題ありません。その理由を2つのポイントからご案内します。

①ビタミンB1欠乏を招く「チアミナーゼ」の存在

「イカを与えると猫が腰を抜かす」という伝承があります。この由来は、イカに含まれる「チアミナーゼ」という酵素にあると考えられています。

チアミナーゼは、犬や猫の必須栄養「チアミン(ビタミンB1)」を分解酵素です。つまり、犬や猫がチアミナーゼを口にし続けると、ビタミンB1欠乏症になる恐れがあります。これが、「イカ→腰を抜かす」の由来です。

加熱すれば、チアミナーゼは失活する

チアミナーゼのことを考えると、やはり「イカは犬に与えてはいけない食べ物」となりますが、ご心配には及びません。

イカに含まれるチアミナーゼは、加熱により活性を失います。だから、イカを加熱してあげれば、犬にも問題がなくなります

また、チアミナーゼは、新鮮なイカではほとんど含まれていないという知見もあります。そのため、新鮮なイカなら、生で犬に与えても良い可能性があります。とはいっても、新鮮という条件は判断が難しいため、生のイカは犬に与えない方が無難でしょう。

②イカは消化しにくい食べ物?

2つめのポイントとして、「イカは犬が消化しにくい食べ物」という誤解があります。

イカは口で咀嚼する際に、食感が硬いタイプの食べ物であるため、「消化が悪い」というイメージがあります。でも、栄養学の視点では、決して「消化が悪い」食材ではありません。

イカは「高・消化率」の食べ物

食べ物の消化の良さをあらわす指標として「消化率」があります。実際のところ、イカは「消化率」の高い食べ物であり、お魚と比べても同等の消化性を示しています。

そのため、犬にとって、イカは消化されやすい食べ物ですので、この点でも安心して与えることができます。

イカの利点

イカは、犬にとって問題がないばかりか、幾つかの健康メリットを有している食品です。下記、犬にとって以下のメリットと言える要素をご案内します。

タウリン

タウリンは、魚介類に含まれる成分であり、疲労回復や血圧コントロール・コレステロール低減・肝臓や心臓の保護、などの効果が知られています。イカは、タウリンを最も多く含む食べ物の一つであり、犬にも良い影響を及ぼします。

特に、肝臓病や心臓病を抱える犬には、タウリンを与えることが重要です。栄養成分として0.1%以上のタウリンを与えることが、肝臓病・心臓病の犬では推奨されています。

良質なタンパク質

良質なタンパク質を多く含むことも、犬にとってイカの利点です。イカのタンパク質は、アミノ酸バランスに優れ、犬に良質な内容です。

また、イカのタンパク質は、「熱に安定」という点も魅力です。通常、タンパク質は加熱により「変性」という構造変化をおこします。変性したタンパク質は、犬の消化性が悪くなりがちです。ところが、イカのタンパク質は、加熱による変性がおこりにくいため、犬にとって消化しやすい状態を維持できます。

ビタミン群

イカは、ビタミン群のバランスが良いことも、犬には嬉しいポイントです。

特に、イカは「ビタミンE」が豊富です。ビタミンEは犬の体内で脂肪の酸化を防ぐなどの効果があり、たっぷり与えたい栄養成分です。(※ビタミンEについて、詳しくは「犬にとってのビタミンE」をご覧ください。)

また、ビタミンB群をはじめ、ビタミンD以外は全てバランス良く含んでいることがイカの特徴です。

良質な低脂肪

イカは低脂肪食品であることも、犬にメリットがある要素です。

さらに、イカの脂肪は「量が少ない」だけではありません。DHAやEPAといった「オメガ3脂肪酸」や「リン脂質」など、犬に利点のある脂肪成分が含まれています

つまり、イカは「良質な低脂肪食品」と言うことができます。

犬にイカ、正しい与え方

それでは、イカの利点をできる限り引きだす、犬への与え方をご紹介します。

ステップ①イカを加熱調理する

犬のビタミンB1(チアミン)欠乏症につながる「チアミナーゼ」を失活させるために、イカを加熱調理しましょう。イカを茹でても焼いてもOKです。

イカは、加熱してもタンパク質が変性されにくいため、安心して犬に与えることができます。

ステップ②食べやすいサイズ・温度帯にする

イカを犬が食べやすいサイズにカットしながら、火傷しないよう適度に冷ましてあげましょう。もちろん、加熱前にイカをカットしても構いません。

ステップ③犬に与える

いよいよ、犬にイカを与えましょう。食事・ドッグフードへのトッピングや、犬のおやつとしてあげることもお勧めです。

まとめ

  • イカは「チアミナーゼの存在」や「消化が悪いという誤解」のために、犬に要注意という論調がある。しかし、イカのチアミナーゼは加熱によって失活するし、消化が良い食べ物という事実もあり、「犬に与えても良い食品」と言うことができる。
  • 犬にとってイカの利点は、「チアミン」「良質なタンパク質」「ビタミン群」「良質な低脂肪」などが挙げられる。
  • 犬にイカを与える方法として、「イカを加熱調理」「食べやすいサイズにカット&冷ます」「犬に与える」というステップを踏むことがお勧め。

関連記事

  1. チーズ

    犬とチーズの栄養学

  2. 米

    犬に白米・玄米、それぞれの栄養学

  3. さくらんぼ

    犬にさくらんぼ、NGの理由

  4. おから

    犬におから、利点とリスク

  5. ■撮影用に作成した牛乳パックを使用しています。本物ではありません。イメージです。

    犬に牛乳を与えても良い理由

  6. Fresh juicy strawberries in glass bowl. Rustic background with homespun napkin. Top view. Place for text.

    犬とイチゴの栄養学

  7. グレープフルーツ

    犬とグレープフルーツの栄養学

  8. キャベツ

    犬にキャベツ、正しい与え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)