犬とダイコンの栄養学

大根

犬に与える野菜の一つに「ダイコン」があると思います。

ダイコンは、犬にとって、どういうメリット・デメリットがあるのでしょうか?

このページでは、動物栄養学の知見から、犬にダイコンを与えるときのポイントをご案内します。

<目次>

ダイコンの良い点

まず、犬にダイコンを与えるメリットを見ていきましょう。

1)ビタミンC

ダイコンは、ビタミンCが豊富です。犬は、ビタミンCを体内合成できますが、それでも体外からビタミンCを取り入れた方がベターです。

市販のドッグフードでは、ビタミンCをたっぷり補給することが難しく、ダイコンをはじめとする野菜・果物を活用することが一つです。

(※ビタミンCについて、より詳しい内容は次のページもご覧ください。→「犬にビタミンCは必要?」)

2)消化酵素

ダイコンは、野菜のなかでも酵素の活性が高いことで知られています。特に、炭水化物(でんぷん)の消化を助ける「ジアスターゼ」の活性が高いです。

消化不良の犬にとって、「ジアスターゼ」をはじめとするダイコンの酵素はプラスに働きます。

3)食物繊維

ダイコンに含まれる食物繊維もうまく活用すれば、犬にメリットとなります。

ただし、ダイコンをはじめとする野菜の食物繊維は、肉食性が強い動物である犬にとって、苦手な面もあります。だから、多く与えすぎないようにしましょう。

(※食物繊維について、詳しくは「犬と食物繊維の相性」もご参照ください。)

4)水分補給

ダイコンの約90%は水分でできています。だから、水を飲むことが苦手なワンちゃんなどには、水分補給という点でも助かる食品です。

ダイコンの注意点

一方で、犬にダイコンを与える際には、要注意な点もあります。順番にみていきましょう。

1)シュウ酸

ダイコンには「シュウ酸」という成分が含まれています。

シュウ酸は、シュウ酸カルシウム結石の原因になるなど、犬にとって好ましくありません。

ダイコンのシュウ酸・リスクを避けるためには、「茹でこぼす」ことがお勧めです。茹で汁にダイコンのシュウ酸が抜け出てくるため、犬の結石ケアに有効です。

2)食物繊維

ダイコンの良い点でも挙げた食物繊維ですが、与え方を間違えると、犬に良くない成分になります。

先にお伝えしたように、ダイコンをはじめ野菜の食物繊維は、犬には合っていません。犬の腸に負担を与えやすいタイプの食物繊維なのです。

そのため、しっかり煮込んでダイコンの繊維質を柔らかくする、少量のみにとどめておく、ということがお勧めです。

3)ダイコンの葉

ダイコンの葉っぱは、人間にとっては栄養価の高い食材です。でも、犬には与えないほうが良いでしょう。

ダイコンの葉には、βカロテン・食物繊維などが根よりも豊富に含まれています。そういうことなら、ダイコンの葉は良さそうですが、「βカロテン」「野菜の食物繊維」は、犬にとって過剰摂取が要注意な成分です。もし、ダイコンの葉を犬に与えるにしても、ごく少量にとどめておきましょう。

4)甲状腺機能低下症

ダイコンに含まれる「グルコシノレート」という成分は、犬の甲状腺機能低下症に関わるリスクが指摘されています。実際に、ダイコンに含まれるグルコシノレートが、犬の甲状腺にどういった影響を及ぼすか、研究報告はありませんが、注意をしたほうが無難でしょう。

ダイコンの犬への与え方

それでは、ダイコンの良い点をできるだけ活かし、注意点を軽減する、犬への与え方をご案内します。

ステップ1)皮と葉を除き、適度なサイズにカット

犬にとって消化が悪く、要注意な成分を含んでいる「ダイコンの皮・葉」を除くようにしましょう。そして、小さいサイズにカットしましょう。

ステップ2)しっかり茹でる

犬にダイコンを与える際は、「しっかり茹でる」ことがお勧めです。実は、茹でてしまうと、ダイコンのビタミンC・酵素は壊れてしまします。でも、食物繊維が柔らかくなり、シュウ酸が抜け、グルコシノレートのリスクが減る、といったダイコンの注意点がかなり無くなります。

失われる「ダイコンの良さ」よりも、「ダイコンのリスク軽減」が上回るため、ダイコンを茹でて犬に与えることをお勧めします。

ステップ3)茹で汁を捨てて、少量のみ与える

最後に、茹で汁を捨てて犬に与えるようにしましょう。茹で汁には、犬の栄養も含まれていますが、シュウ酸をはじめとする有害成分もあります。茹で汁を捨てて、茹でこぼしたダイコンを犬に与えるようにしましょう。

そして、与えるダイコンの量も控えめにしましょう。茹でこぼしたダイコンでも、肉食性の強い動物である犬には、少量のみにとどめておいたほうが無難です。

まとめ

  • 犬にとって、ダイコンには「ビタミンC」「食物繊維」「消化酵素」「水分補給」といったメリットがある。
  • 一方で、ダイコンには「シュウ酸」「食物繊維」「ダイコンの葉」「甲状腺機能低下症」という犬への注意点もある。
  • 犬にダイコンを与える際、「葉・皮を除いてカット」→「しっかり茹でる」→「茹で汁を捨てて少量のみ」というステップがお勧め。

関連記事

  1. チーズ

    犬とチーズの栄養学

  2. にんじん

    犬にニンジン、要注意な理由

  3. チョコレート

    犬のチョコレート中毒、実際の症状と治療方法

  4. ブロッコリー

    犬にブロッコリー、4つの要注意ポイント

  5. 大豆

    犬に大豆の是非

  6. トウモロコシ

    犬にトウモロコシ 誤解と風評

  7. 豆腐

    犬に豆腐の是非

  8. 日本酒

    犬に日本酒がNGな理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)