犬にブルベリーが良い理由

ブルーベリー

ブルーベリーは、犬にもお勧めできる果物です。

市販のドッグフードや手作り食では、十分に与えることが難しい成分も含まれており、犬には嬉しい食べ物と言えます。

このページでは、動物栄養学の視点から、犬にブルベリーが良い理由などについて、ご案内します。

<目次>

ブルベリーが犬に良い、4つの理由

この記事をまとめるにあたり、ブルベリーのことを色々と調べてみました。残念ながら、ブルベリーを犬に与えた研究報告など、科学文献・学会発表などからは見当たりませんでした。それでも、ブルベリーに含まれる成分から、動物栄養学の視点をもつと、犬に良い食べ物であることが見えてきます。

そこで、ブルベリーが犬に良い4つの科学的な理由を、下記にまとめました。

①ポリフェノールが豊富

ブルベリーには、抗酸化成分「ポリフェノール」が豊富に含まれています。特に、人では眼精疲労に効果があるとされる「アントシアニン」を多く含んでおり、犬にも良い影響が期待できます。

ポリフェノールは、犬にたっぷり与えたい成分ですが、安定性などの問題で市販ドッグフードには含めにくいところがあります。その点、ブルベリーでポリフェノールを補うことは、犬にとって有益です。

(※ポリフェノールについて、詳しくは「犬にポリフェノールの是非」をご覧ください。)

②食物繊維が多くて良質

ブルベリーには、食物繊維が豊富に含まれています。さらに、食物繊維の内容も、犬に合ったバランスになっています。ブルベリーには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が適量含まれており、ワンちゃんの整腸や腸内善玉菌のアップ、便質の改善などに貢献してくれる内容です。

(※食物繊維について、より詳しくは、次のページをご参照ください。→「犬と食物繊維の相性」)

③ビタミンC+ビタミンE

ブルベリーは、ビタミンCとビタミンEの両方を豊富に含むことも、犬には大きな利点です。

ビタミンCとビタミンEの併用は、犬の体内の酸化を防ぐことについて、相乗効果を発揮します。特にビタミンCは熱に弱く、市販ドッグフードからは十分に摂取できない成分であるため、ブルベリーから取りいれることは、犬に嬉しいポイントです。

(※ビタミンCについては、「犬にビタミンCは必要?」、ビタミンEについては「犬にとってのビタミンE」をご覧ください。)

④水分補給

ブルベリーに限らず、果物全般に言えることとして、水分を補給できることが挙げられます。

ブルーベリーは約90%が水分です。犬の中には、水などドリンクを飲むことを苦手としている子もいますが、ブルーベリーをはじめとする果物であれば、自然なかたちで水分補給が可能です。

ブルベリーで気をつけるポイント

ブルーベリー

ブルベリーで気をつけることは一つ「犬に与えすぎない」ことです。

ブルベリーの食物繊維は、犬に合っている内容ですが、与えすぎるとお腹が緩くなることもあります。

また、多くはないものの「βカロテン」が含まれていることも、ブルベリーの与えすぎに注意すべき理由となります。βカロテンは、犬の体内ですぐにビタミンAに変換され、肝臓などの負担になる可能性があるためです。

(※βカロテンについては、野菜に関する次のページでご案内しています。→「犬と野菜の栄養学」)

ブドウとの違いについて

ブドウは犬に良くない要素があるため、見た目が似ているブルーベリーもNGと勘違いされることがあるようです。

でも、ブドウとブルーベリーは似て非なるもの。分類上も「ブドウ:ぶどう科」「ブルーベリー:つつじ科」と別物です。

犬にとって、ブルーベリーは安心して与えていただける食べ物です。

ブルベリーの与え方

それでは、ブルベリーの犬への与え方をご案内します。

少量(適量)の生ブルベリーを与える」ポイントはこれだけです。ブルベリーは、一粒一粒が小さく、そのままでも犬に食べやすいサイズです。1日あたり数粒くだいにとどめることで、お腹を壊すなどの心配がなく、美味しく健康メリットを得ることができるでしょう。

(※ブルーベリーを含めた果物全般のことについては、「犬と果物の栄養学」にまとめています。)

まとめ

  • 犬にとって、ブルーベリーには「ポリフェノールが豊富」「食物繊維が多くて良質」「ビタミンC+ビタミンE」「水分補給」といった利点がある。
  • ブルーベリーは、与えすぎると、犬のお腹が緩くなることもある。ブルーベリーに含まれるβカロテンは、過剰摂取に注意が必要。
  • ブルーベリーは、「生を少量(1日数粒)、犬に与える」ことがお勧め。

関連記事

  1. キュウリ

    犬にきゅうりの注意点

  2. 桃

    犬とモモの栄養学

  3. いちご

    犬にイチゴ 栄養を活かすお勧めレシピ

  4. トウモロコシ

    犬にトウモロコシ 誤解と風評

  5. ぶどう

    犬にぶどう、中毒症状のレポート

  6. 日本酒

    犬に日本酒がNGな理由

  7. スイカ

    犬にスイカは控えめに?!(動物栄養学の視点から)

  8. パイナップル

    犬とパイナップルの栄養学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)