犬の膵炎、タンパク質の注意点

膵臓

犬の膵炎の食事では、「低脂肪」であることが重要です。合わせて、もう一つ注意しなければならないポイントとして「タンパク質」に関わることが挙げられます。

このページでは、犬の膵炎と食事中のタンパク質について、動物栄養学の観点からご案内します。

<目次>

膵炎の犬、タンパク質の留意点

犬の膵臓は、消化酵素などを分泌する器官です。健康な犬では、膵臓で作られた消化酵素が小胞に包まれ、腸などに運ばれて食事の消化吸収をサポートしてくれます。ところが、膵炎の犬では、酵素が腸などに運ばれる前に働いてしまい、自分の細胞に炎症をおこしてしまいます。

そのため、膵炎の犬では、膵臓酵素の分泌に刺激を与えないような食事が望まれます。

犬において、膵臓からの酵素分泌に刺激を与える要因が、「脂肪」そして「ある種のタンパク質」です。脂肪については、犬の膵炎でよく知られており、食事対策の一番手に挙げられています。(※犬の膵炎、脂肪などの留意点については、「犬の膵炎、治療と食事」で詳しくご案内しています。)

膵臓の酵素分泌に刺激を与えるタンパク質とは?

膵臓の酵素分泌に刺激を与える、つまり「犬の膵炎の症状を悪化させうる」タンパク質について、ご紹介します。

食事中のタンパク質は、20種類のアミノ酸の連なりでできています。それらタンパク質中のアミノ酸のうち、「フェニルアラニン」「トリプトファン」「バリン」といった種類が、犬の膵臓分泌に強い刺激を与えることが報告されています。これら3種のアミノ酸は、脂肪以上に犬の膵炎の負担になる成分と考えられています。

そのため、フェニルアラニン・トリプトファン・バリンを多く含むタンパク質は、膵炎の犬には与えすぎないことが望まれます。

犬の膵炎、タンパク質リスクを和らげる2つの食事対策

フェニルアラニン・トリプトファン・バリンによる、犬の膵酵素分泌の刺激は、腸内で起こります。つまり、これら3種のアミノ酸が腸内に滞留すればするほど、膵臓が刺激され、犬の膵炎症状が悪化する恐れがあります。

それならば、3種のアミノ酸を極力省けばよいのかというと、そう簡単ではありません。肉を含むほとんどのタンパク源には、3種のアミノ酸も一定量含まれており、どの食べ物を選んだとしても、犬の膵臓負担をゼロにすることはできません。

犬の膵炎における、タンパク質の重要性

また、膵炎の犬において、タンパク質はとても重要な成分です。犬の体内の炎症を修復してくれるのが「タンパク質」であり、膵炎には一定量以上のタンパク質が必要となります。

タンパク質を補給しながら、膵炎悪化リスクを抑える食事対策

フェニルアラニン・トリプトファン・バリンによるリスクをコントロールしながら、膵炎の犬に必要なタンパク質をしっかり補給するためには、次のような2つの食事対策が望まれます。

①タンパク質を与えすぎない

第一に、タンパク質の総量を抑えることです。市販のドッグフード(ドライタイプ)で言えば、粗タンパク質量で30%を超えるものは避けた方が良いでしょう。かと言って、タンパク質量が少なすぎる食事も、膵炎の犬には不適です。少なすぎず多すぎないタンパク質量が、膵炎の犬には適しています

②消化の良いタンパク質を与える

第二に、「タンパク質の消化性」もポイントです。消化の良いタンパク質は、犬の腸内での滞留時間が短く、膵臓への刺激が少なくなります。

「タンパク質の消化性」を決める要素は幾つかありますが、「フレッシュなタンパク源を選ぶ」「加熱しすぎない」「アミノ酸バランスに留意する」「食物繊維の種類と量をチェックする」などが挙げられます。こういったタンパク質の消化性については、「犬にお肉・生肉、注意すべき4ポイント」をご参照ください。

市販ドッグフード・手作り食でのチェックポイント

ドッグフード

それでは、犬の膵炎の食事について、タンパク質に配慮したチェックポイントをご案内します。市販ドッグフード・手作り食、それぞれで見ていきましょう。

市販ドッグフード

  1. ドライフードでタンパク質量が15~30%のものを選ぶ
  2. タンパク資の消化性に配慮したものを選ぶ

手作り食

  1. 肉食に偏りすぎないようにする
  2. 肉を与える場合、肉と同量程の穀物・イモ類・野菜などをミックスして与える

まとめ

  • 膵炎の犬にとって、タンパク質に含まれる3種のアミノ酸「フェニルアラニン」「トリプトファン」「バリン」は、膵臓負担となる成分。
  • 3種のアミノ酸が膵炎負担となりにくい食事対策として、「多すぎず少なすぎないタンパク質量」「消化しやすいタンパク質」の2ポイントが挙げられる。
  • 犬の膵炎の食事について、市販ドッグフード・手作り食でのポイントは、「タンパク質が多すぎない・肉食に偏りすぎない」「消化性に配慮する」などがある。

関連記事

  1. 体調不良の犬

    犬のクッシング症候群、症状を緩和する4つの方法

  2. 犬の胆泥症 治療と食事療法

  3. 病気の犬

    犬のクッシング症候群と腸内細菌の関係

  4. 体調が悪い犬

    犬の胃腸炎、治療と食事

  5. French bulldog lying in bed on white isolated background

    犬の甲状腺機能低下症、食べてはいけないもの

  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    犬の膵炎 低脂肪の食事が必須ではないケース

  7. 病気の犬

    犬の尿毒症、治療と食事療法

  8. 注射

    犬の糖尿病 インスリンと食事の関係性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)